ジャンピング紙相撲

ジャンプして、ライバル力士を倒せ。

誰もが一度は遊んだことがある紙相撲。
そんな伝統的な日本の遊びとテクノロジーを組み合わせて、 より面白く遊べるようになったのが、「ジャンピング紙相撲」です。

遊び方は、とても簡単。 まわし型のコントローラーを腰に装着し、 力士になりきって、思いっきりジャンプするだけ。 まわしに入ったセンサーが、プレイヤーの動きを感知して、 その動きに合わせて、紙力士がトントンと動き回ります。
さらに、一定の回数以上ジャンプすると、 土俵の画面上に、「必殺技」の演出ができます。

センサーコントローラーと小型モーターで動くおもちゃとして、 相撲以外にもミニカーやキャラクターなど形を変えれば様々な遊びを作ることができます。